自宅療養

今日の『健康の種まき』No.111

昨夜フェイスブックでコレポンさせていただいた方の

成功を願って・・

母の病院から今日に至るまでの闘病歴、

介護のポイントを記します。

いきなりの入院生活が・・

いきなりの入院生活が・・

自宅で皮膚がん、蜂窩織炎、敗血症で意識を失い、

救急搬送から母の再入院がスタート

点滴で1週間ぐらい命をつなぎました。

CRP30、白血球数は9800ぐらいと

記憶しています。かなり危機的状態

 

食事が再開されて、ムンテラの際に、

担当医師に相談。

栄養学で母をサポートすることを許諾もらいました。

 

点滴で一日摂取するタンパク質量が5g、

極端に少ないと感じてました。

 

個人差があるので、自己責任を担当医師と

確認その上で、補食しました。(ここ大切!)

担当医師と信頼関係を結びました。

 

理想は朝、昼、夕と3回、

現実は昼、夕の2回・・💦

バナナ🍌、オレンジ🍊、大豆プロテインと牛乳

をミキサーで粉砕しました。

それを粗い目の茶こしで裏ごしして、

ストローで吸えるようにして与えました。

最初は50CC飲めないところからスタート。

拒食症と闘いながら・・

徐々に50cc➡80cc➡100cc➡

130cc➡150cc・・増やしていきました。

間食にリンゴ8分の1ぐらいを摩り下ろして

与えました。

 

その結果、食べる量が増えると、CRPが正常値へと

回復していきました。

バナナ🍌はカリウム 1本480mg

オレンジ🍊はビタミンC 1ケ50mg

牛乳と大豆たんぱくは 150ccで15g

・・そんなイメージで拒食症の母を

なだめすかして・・与えました。

 

その結果、45日で自宅に戻りました。

病院関連の施設入院も病院からオファーありましたが、

食事の充実を考えて自宅に戻る選択をしました。

 

ケアマネさんに大変お世話になりました。

1人で全く身体がうごかない状態での帰宅。

母と息子の自宅療養のスタートです。

食事はプロでも実介護は素人です。

頭を下げて、体位変換の方法を介護士に聞きまくりました。

介護ベッド導入、簡易トイレの設置、おむつの装着法、

患部の消毒方法・・・。

敗血症・蜂窩織炎・皮膚がんはすべて感染症!

敗血症・蜂窩織炎・皮膚がんはすべて感染症!

贅沢におむつの交換、贅沢におしりふき活用、

使い捨て手袋活用・・

 

要介護度5が認定される前から

訪問介護入浴週1回、訪問清拭週1回、

プロの力で衛生面も保持を始めました。

 

体温、お通じ、食事内容・・毎日記録

体温、お通じ、食事内容・・毎日記録

 

分かりやすい去年のデーターから・・

マーカーが発熱、異常を表現。 6月25日から変化・・👀

マーカーが発熱、異常を表現。 7月20日から発熱止まる・・👀

まだマーカ(発熱)があります・・

まだマーカ(発熱)があります・・ 36.5℃が境目・・

4日を境に発熱がなくなりました。

定期的に僕が一人通う形で宗光診療所で

情報交換、便秘気味を回避するためラキソベロン

発熱対処で抗生物質と消炎鎮痛剤を処方して

貰います。医師のアドバイスは母の迷いを消してくれます。

信頼を寄せている開業医がサポートしてくださるのは

ありがたい!ありがたい!

 

毎日の変化は分かりにくいですが・・

週1回のヘルパーさんが徐々に体力を回復する

母の変化を喜んでくれます!

 

信頼を寄せている開業医、熱意のヘルパーさんの心が

母の回復を加速させますました。

好きな食べ物を・・記録・・嫌いで拒めない環境作りに・・

好きな食べ物を・・記録・・嫌いで拒めない環境作りに・・

拒食で困らせる母には

冷蔵庫に拒食中でも

喰いつきが良かった

メニューを張り出して・・

メニュー構成に過去のデータ活用・・👀

 

お陰で60日過ぎた頃には、

自分でトイレに行ったり、

台所で食事のまかないも始めました。

 

90日過ぎた頃には、デイケアーに通い、

好きな食品をスーパーで購入してくるまでに

体力が回復、QOLが高まっています。

今はこの量が普通に食べています‥(^^♪

今はこの量が普通に食べています‥(^^♪

もちろん食後は・・バナナ🍌スムージ・・

嬉しい投稿・・福島県立医大木村純子名誉教授が後押し

毎食後のバナナ🍌スムージ・・命の恩人です・・

今では拒食が・・

食べたいに変化・

食欲が・・どうにも♫ 止まらない🎶

 

元気になれると・・メッセージが伝われば・・

嬉しいです(^^)/

師事する佐藤和子医師に敬意をこめて・・(^^)/

情報をすべて開示する師事する佐藤和子医師に敬意をこめて・・(^^)/                

もっとみんな元気に➡健康の種まき