自宅療養!誰でもできる自宅療養

続・健康を支える睡眠・・とは?

今日の『健康の種まき』No.131

朝食からお菓子を・・それも盗み食いの新人君・・( 一一)

朝食からお菓子を・・それも盗み食いの新人君・・( 一一)

おはようございます(^^)/

土曜日の朝、夕べは爆睡ですがすがしい朝を僕は迎えました。

睡眠時間8時間を確保!

でも夕べの入眠は夜10時➡起床6時・・1時間後ろにずれました・・(;^_^A

Youtube を見回っていました・・反省💦

理想は夜9時入眠の朝5時起床

 

今日のメッセージは子供の睡眠時間です!

就寝時間

小学生で夜8時までに就寝

中学生で夜20時半までに就寝

高校生で21時までに就寝

睡眠時間

成長期で10時間~11時間

高校生で9時間

激しいスポーツ選手で11時間

 

僕はこれができていなかったので、

成長が不十分でした。

もうちょっと早く知りたかったですね・・( 一一)

 

遅い就寝がなぜ悪いか・・

◆成長ホルモンが分泌されず、発育が悪くなります

◆消化液の分泌が悪く、消化作用が低下し・・小食や朝食の欠食がみられます・・

◆起床時刻が遅いと、朝食の欠食や食事の咀嚼が悪くなり、便秘傾向になる・・

◆栄養状態が悪いので、午前中の授業の集中力が低下し、学力低下、運動能力低下

 

これを知っている佐藤和子医師は

高校~公立大学医学部を特待生・奨学生で卒業・・

親孝行ですね・・👀

 

佐藤和子先生や多くの人で実証済みの佐藤和子栄養学・・

果たして、今晩から生活リズムが変えられますか・・?

 

塾から帰るのが夜22時なんてこどもをバスで見ると・・

可愛そうに見えるのは僕だけでしょうか・・?

成長期と学力・スポーツの両立・・考えないと・・

 

もっとみんな元気に➡健康の種まき