自宅療法

今日の『健康の種まき』No.102

就寝時間が遅くなると身体はどうなる・・?

就寝時間が遅くなると身体はどうなる・・?

寝込む前の・・日々の睡眠8時間以上・・

寝込む前の・・日々の睡眠8時間以上・・

◆子供の場合、成長ホルモンの分泌が不十分で発育不全

◆消化液の分泌が悪く、消化作用の低下

◆起床時間が遅くなり、朝食時間が遅れ、インシュリン分泌、ステロイドホルモン分泌

赤血球などの血球成分の不全

◆朝食の欠食、便秘傾向

◆朝食が悪くなると、感染症(風邪、肺炎、ヘルペス、水虫、各種がん)、

自己免疫疾患(花粉症、喘息、アトピー性皮膚炎、膠原病、リウマチ・・・)

などのリスクが高くなる。

◆不定愁訴が多くなり、前病状態を作る

あくびは睡眠不足による脳の酸素欠乏症・・要注意!要注意!

あくびは脳の酸欠状態・・ご注意!

あくびは脳の酸欠状態・・ご注意!

理想は9時➡5時・・(^o^)ノ < おやすみ ZZZZZZZ

もっとみんな元気に➡健康の種まき